多頭飼い向けのキャットタワー人気商品3選 【大型猫にもおすすめ】

キャットタワー 本棚 突っ張り

多頭飼い向けのキャットタワー人気商品3選 【大型猫にもおすすめ】

多頭飼いをしているご家庭にとって、キャットタワー購入時の、いちばんの心配なポイントはたくさんの猫ちゃんが使って大丈夫なのかしら?タワー自体の安定性や耐久性が気になるところではありませんか?

そこで「多頭飼いでも思いっきり遊べる安心できるキャットタワーを」と検索しているの方におすすめなのが「猫のための木工所」からお届けする、安定感のある据え置き型の木製キャットタワーの数々。

この記事では多頭飼いや大型猫ちゃんのいるお家、等におすすめの人気のキャットタワーを3点を紹介します!

多頭飼い向けのキャットタワーを選ぶ際のポイントや、木製のキャットタワーのメリット・デメリットについても解説。ぜひ参考にして愛猫のための安全なタワーの購入に役立ててください。

多頭飼いに最適なキャットタワーとは?

本棚と猫たち

木登りが大好きな猫達にとって、キャットタワーは室内でスポーツが思いっきりできる最高の猫グッズです。運動不足の解消はもちろん、ダイエットをしている猫ちゃんの肥満防止にも効果抜群!またストレス発散のアイテムにもなります。

置いておくだけでかわいい猫ちゃん達の健康を守ることができるキャットタワーは今、とても人気の商品で大好きなネコのために購入する飼い主さんが増えています。ねこちゃんブームもあり高級な木製の品も、多くのお客様に品質の満足さを重視てもらえる商品も増えてきています。メディアでもおしゃれなキャットタワー・かわいいキャットタワーの特集も満載ですね。

ただ多頭飼いをしているお宅は、たくさんの猫を遊ばせられるキャットタワーにどんな条件があるのか、どういうところに注意が必要になるのが気になるところ。見た目だけでは選ぶことはできません!

まずカテゴリで多頭飼い向けというキャットタワーには、

  • 耐久性があるかどうか
  • 十分なスペースがあるかどうか
  • 爪とぎが各所に配置できるかどうか(できれば頭数分)

これらの3点のチェックをすることがとても大事です。
以下詳しく解説しておりますので、ぜひ参考にご一読いただき、多頭飼いのねこちゃんに最適なキャットタワーの選択に繋げてくださいね。

耐久性があるか

キャットボックスと猫たち

多頭飼い用のキャットタワーを探すなら、安定性と耐久性があることが最も重要なポイントです。
安定感がないと、複数の猫が一度に飛び乗った時にタワーが転倒する危険性があります。

かわいい猫ちゃん達を危険から守るために、以下の4つに注目してください。

  • 支柱が四隅にあるものか、丈夫な据え置き型を選択する
  • 耐久性のある材質を使用している
  • 棚板に厚みがある
  • 耐荷重が猫の重さと匹数に適している

多頭飼い用のキャットタワーは、支柱が1本や2本だけのものは避けて、しっかりと4隅に付いたものを選ぶことをおすすめします。
土台に安定感のある、丈夫な据え置きの木製キャットタワーを選ぶのもよいでしょう。
コンパクトな突っ張り型を選ぶなら、天井にビスを打つ固定のつっぱりタイプだとより安心です。

棚板の厚みがなく薄い板のものになると、猫がジャンプした時に歪んでしまうことがあります。

キャットタワーの使用頻度が多くなる多頭飼いのお家には、少し値段が高価なものであっても頑丈な作りで安心した素材、また信用できるメーカーのものを選ぶと失敗がないでしょう。可愛い、価格が安いだけで選ぶことはネコのためにはなりません。

また、商品の耐荷重が多頭の猫達に見合っているかどうかも大切なポイント!
飼っている猫の体重と頭数をかけた数を出して、かわいい猫達の重みにキャットタワーが耐えられるか事前にしっかりチェックしましょう。元気な猫ちゃん達なら遊びも想像以上なので耐荷重は余裕を持って、基準を超えることがないように選びましょう。

十分なスペースがあるか

猫とキャットタワー本棚

多頭飼いをしているなら、みんながゆったりと休めるスペースがあるかどうかも大切です。

猫は自分の縄張りをとても大切にします。

遊び場が窮屈だと、場所の取り合いに発展し喧嘩に繋がることもありますし、犬などの他のペットを飼っていたり小さなお子様がいたりすると、猫たちがゆっくりリラックスできないこともあります。

設置スペースに余裕があれば、それぞれの猫ちゃんの居場所が確保できるように大きめのキャットタワーを。猫ベッドやクッションを置いて快適なキャットハウスを用意してあげると良いでしょう。おもちゃやボールを置いて猫達の遊び場がしっかり確保できれば、家具や家電に飛び移って遊んでしまうリスクを減らせます。

ただ、部屋に対してあまりにも大きいものを選んでしまうと、部屋の中が窮屈になってしまいます。
あくまで室の広さに見合ったものを選ぶことが大切です。

また住宅事情からあまりスペースを確保できない場合でも、「猫のための木工所」には省スペースでコンパクトなキャットタワーのデザイン豊富。多頭のネコちゃん向けの部屋を作ることができる商品がありますので是非商品一覧をご覧ください。

爪とぎが置けるかどうか

猫たちが遊ぶ様子

爪とぎを置くスペースがあるかどうかもあらかじめ確認しましょう。

つめ研ぎは、猫のストレス発散に欠かせない猫グッズです。
猫は、爪とぎ・スクラッチをすることでマーキングしたりリフレッシュすることができストレスなしの必須アイテムです。

ポールに麻紐やサイザルを巻き付けたタイプも販売されていますが、多頭飼いなら置いて使う爪とぎをいくつかそれぞれのねこちゃん用に配置するのもおすすめです。何個か用意することで、それぞれの猫が好きな時に爪とぎができるようになり、愛猫たちのケンカもなくなりますね。

「猫のための木工所」が販売する「キャットステップ 爪とぎ」は、キャットタワーに並べて置くだけでなく、壁に立てかけたり床に置いたりして使うことができます。麻紐や段ボール製と違ってゴミが出ないというメリットもあります。また斜めに置くことでキャットステップ、スロープにもなる優れものです。

キャットステップ 爪とぎの詳細はこちら!

多頭飼い向けのキャットタワーを導入するなら布製?木製?

キャットタワー本棚と猫たち

現在では海外製品やいろんなブランドから販売されているキャットタワーやキャットツリー。
サイズの大きい奥行きのあるもの、値段の高いものまで多数の商品があり、どれがいいのか購入に迷うところです。キャットタワーの買い物は大型の家具と同じなので、失敗したくないのが飼い主さんの心情ですね。

「布製」か「木製」かタワー自体の素材やカラーも迷うところですが、多頭飼いには木製のキャットタワーがおすすめです。お手入れの楽さと耐久性の良さはピカイチ!

次のそれぞれのメリットとデメリットを把握して、木製キャットタワーがおすすめなことを改めて実感してください。

布製:色や機能の種類が豊富!?掃除が大変かも

布製のキャットタワーのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 色の種類が豊富でかわいい
  • ベッド付きやハンモック付きなど種類がたくさんある
  • 布が爪にかかり滑りにくい

デメリット

  • 猫の毛が付きやすく掃除が大変
  • 吐き戻した時に洗えないので衛生面が気になる
  • 耐久性がなく使用で摩耗することもありパーツの買替が必要なことも

布製のキャットタワーは、グレーやベージュ、ブラウンなど、カラーバリエーションが豊富で機能面の選択肢が多いことが魅力です。また綿やふわふわのポリエステル素材は、猫の爪が生地に程よく引っかかり、滑りにくくなっています。

ただお手入れが面倒なのがデメリット。猫の毛が付くとなかなか取れないので、こまめに掃除する必要があります。また汚れた時に洗えない場合は、きれい好きな猫ちゃんにとっては大問題!新しいキャットタワーの購入も検討が必要になることも。

また取り外しできるものなら汚れてしまった時は重曹を溶いたお湯をタオルに浸して叩き洗いをしてください。汚れることを前提にはじめからパーツ交換可能なタイプを選ぶのもおすすめです。

木製:手入れが楽チン!安定性を重視するなら安心の国内製造を

木製のキャットタワーのメリット・デメリットも紹介しましょう。

メリット

  • 掃除がしやすい
  • 安定感が抜群
  • 木製のシンプルな木目調がインテリアにも馴染む

デメリット

  • 湿気が多いとカビやすい
  • 布製より値段が高いものが多い

木製のキャットタワーは、猫の毛が落ちても掃除機でさっと吸い込むだけなので手入れがとても楽チンです。猫の食品などで汚れてしまっても、水拭きでさっと汚れを拭き取ることができ、きれい好きなネコも喜ぶ清潔さを保てます。

また、木製の据え置き型は土台がしっかりと丈夫なので、安定感がバツグン!
適度な重さもあるので多頭飼いに向いてます。頑丈な作りで安心して多頭のネコちゃん達を遊ばせることができます。

猫のための木工所」のキャットタワーは国内製造なのでアフターフォローもご安心ください。
木の性質をよく知る専門の職人が丁寧に作っております。
決して安い買い物ではありませんが、商品全てが丈夫で頑丈な造り「すぐに壊れて使えなくなった…」という心配もありません。愛猫の安全を守るために確かな作りのキャットタワーをお届けします。

ただ、湿気の多いところに設置するとカビが生えることもありますので、湿度の高い日はこまめに換気をするようにしてください。換気をする際は、猫が脱走しないよう、窓に柵を取り付けるなど脱走防止対策を!風通しのよい場所に設置することをおすすめします。

【多頭飼い】おすすめのキャットタワー 3選!

ここで「猫のための木工所」がおすすめする多頭飼いのお宅に人気のキャットタワーを3つ紹介!

「猫のための木工所」の商品は、全て天然木のパイン材を使用しています。
一見キャットタワーには見えないナチュラルでシンプルなデザインは、他の家具ともよく馴染みます。お部屋のインテリアにこだわりがあり、おしゃれな家具が大好きな方にもおすすめの商品です!

運動好きの猫ちゃんには「収納付きキャットタワー本棚 猫棚6×2」

猫棚6×2

動き回るのが大好きな活発な猫ちゃん達には、「収納付きキャットタワー本棚 猫棚6×2」がおすすめです。

高さが207cmと2m以上あるので、高いところまで思いっきり駆け上がることができます。
見晴らしのいい場所でまったりすることが好きな猫ちゃんは大喜びですよ。

耐荷重は約20kgまで対応しているので、5kgの成猫が4匹乗っても大丈夫。
横幅が69.5cmとスリムで省スペースなのも嬉しいですね。

棚板には、前方にせり出る形でステップが互い違いに設けられており、猫が上り下りしやすい仕様です。導線が交差する作りになっているので、複数の猫が一度に遊んでも渋滞が起こりにくいのも人気。
棚板をひっくり返すとステップが左右反対になるので、ドアや家具の位置に配慮して設置することができるのも嬉しいポイントです。

12個のマス目があるので、空いたスペースに雑誌や日用品を入れたブリキの缶、雑貨などを置いて、インテリアを楽しむのもおすすめ。上部に見守りカメラを置けば、日中家を空けたときに猫ちゃんたちの姿をチェックすることもできます。

本棚とボックスを組み合わせた様子

同シリーズの

を横に並べれば、壁全面を階段状の豪華なキャットランドにすることも可能です。
ひとマスの高さが約35cmと低めなので、シニア猫や子猫にもピッタリ。
万が一の落下が心配な場合は、下に低反発マットを敷いて対策してください。

ヨモギ君のケース

ヨモギくんが本棚を使用する様子

6匹の猫暮らしのヨモギ君は、「収納付きキャットタワー本棚 猫棚4×2」が大のお気に入り!
スペースが8こあるので、たくさんの猫と暮らしていても自分の空間を確保できると喜んでいます。
登り降りが苦手だったヨモギ君は、棚板のステップのおかげでてっぺんまで登れるようになったそうです。

収納付きキャットタワー本棚 猫棚4×2の実用例はこちら!

モチ君のケース

モチくんの本棚使用例

こちらも6匹暮らしのモチ君のお家は、

の3つを組み合わせた大きなキャットタワー。
広々としたキャットタワーで、各ねこちゃんのスペースも確保でき、多頭が仲良く快適に過ごしているそうです!今後ベビーの猫や他のpetが仲間入りしても充分な広さです。

思いっきり駆け回ることができ、食べることが大好きなモチ君のダイエットにもこのワイドさと、高さは一役買っているみたいですよ。

収納付きキャットタワー本棚3点を組み合わせた実用例はこちら!

おしゃれさを重視するなら「猫ハウスキャットタワー 六角BOXセット(連結用)」

六角ボックスセット

モダンでおしゃれな雰囲気のキャットタワーをお探しなら「猫ハウスをキャットタワー 六角BOXセット(連結用)」がおすすめです。

六角形のボックスを自由に組み合わせることができ、部屋をおしゃれに演出します。
いつでもボックスを組み替えることもできるので、猫が新鮮な気持ちで遊べます。

  • オープンタイプ×2
  • 小窓タイプ×1
  • 大窓ボウル付き×1

の4つがセットになっています。
側面には抜け穴がついているので、猫が追いかけっこするかわいい姿が見られるでしょう。

耐荷重は床置きの状態で30kgなので、たくさん猫を飼っているお宅でも安心です。

1つのボックスの幅が46cm、大型猫でもすっぽりと収まるサイズ感ですね。
ひっくり返して床に置き、ふかふかのクッションやブランケットを入れてベッドにしてもよいです。

宇宙船のような見た目の透明な大窓ボウルは、取り外して水で洗える手入れのしやすさもポイントです。

ルパン君のケース

ルパンくんのボックス使用例

お兄ちゃんと2匹で暮らすルパン君は、体重8kgのビッグなキャットです。
ひとマスの大きさが広い六角ボックスで毎日ゆったりと寛いでいます。
小窓付きは、さっと身を隠したいときの隠れ家に最適。
兄弟で隠れんぼや鬼ごっこを楽しんでいます。
飼い主さんはいろんな組み合わせを試しながら、愛猫の好きな形状を探っているそうですよ。

猫ハウスキャットタワー 六角BOXセット(連結用)の実用例はこちら

場所を選ばずにつけるなら「キャットウォーク」

猫はしご

キッチンや寝室、書斎など、それぞれの部屋に猫の遊び場を作りたい方は、場所を選ばず壁に設置できるキャットウォークはいかがでしょうか?

高さも自由に設定できるので、キャットタワーの側に付けて遊び場を広げたり、ジャンプが苦手な猫ちゃんの足台にすることもでき使い方はいろいろ。

などさまざまな種類があるので、いろんな組み合わせを楽しんでいただけます。
愛猫へのギフトにぜひキャットウォークも取り入れてみてください。キャットタワーと同じ素材の商品ですので合わせて使用しても統一感があるのもおすすめポイントです。

キャットウォークの商品一覧はこちら

ご購入後のアフターメンテナンスも充実

本棚組み立ての様子

「猫のための木工所」のオンラインショップから購入された方は、商品が到着してから6ヶ月間の保証サービスが付いています。
さらに、レビュー投稿をしていただいた方には、最長1年の保証をお約束!
充実したアフターメンテナンスをご用意しています。

ただ、組み立て方法のミスによる破損や使用上の劣化などは保証の対象外になりますのでご注意ください。
アフターメンテナンスの詳細はこちら

「猫のための木工所」のキャットタワーは、組立やすい設計も魅力のひとつです。
説明書の順に組み立てればいいだけなので、DIY初心者の方でも簡単!
必要な工具や部品付き。すべて揃っているのがうれしいですね。

また、10,000円以上(税込)お買い上げいただくと送料が無料に。
(※沖縄・北海道・離島の一部地域を除く)
大きなキャットタワーはサイズ的にも、実店舗で購入すると持ち帰るのが大変で配送にしても費用もかかります。ぜひ便利な通販をご利用ください。当ショップの発送は丁寧に梱包し、配送時の車の移動にも充分対応できるよう最大の注意を払ってます。

天然木の香りが漂うキャットタワーは、安心の国内製造

猫穴を通ろうとする猫たち

天然木の風合いがそのまま楽しめるのは、木の専門店の当木工所が制作するキャットタワーだからこそ。「猫のための木工所」が作る製品は、全て安心安全の日本の国内製造の日本製です。
わんぱくな猫ちゃん達が思う存分遊べる、確かな作りのキャットタワーをお届けします。

製品について不明点があればよくある質問・FAQのコーナーをチェックしていただくか、お問い合わせページよりお気軽にご相談ください。
猫ちゃんとの生活が飼い主さんにとっても楽しく癒しの時間になりますように。
よくある質問のページはこちら
お問い合わせページはこちら

関連コラム

ページトップへ戻る